メガリスの注意点

投稿者: | 2017年9月6日

値段の安さ、効き目の長さからメガリスを使用したいと考えている方が多いと思いますが、ED治療薬はサプリメントではなく薬です。
薬は使用方法や用法容量を間違えてしまうと重大な副作用を引き起こす可能性が高くなります。
過去の報告ではED治療薬による死亡事故などもあり、これからメガリスやタダシップといったED治療薬の使用を考えている方は使用方法や用法容量をしっかりと守って使用してください。

副作用について

メガリスには様々な副作用があり、なかでも「頭痛」「ほてり」などが報告されています。
これはメガリスだけではなく、タダシップやレビトラ、バイアグラなど他のED治療薬でも報告されている副作用です。
ED治療薬はどれも血流の流れを良くしてくれる効果があるため、その影響で軽度な頭痛や顔のほてりなどが起こります。
必ずしも発症するということではなく、また発症しても効果が切れると同時に副作用も消えていくので、さほど気にする必要はありません。

重度な副作用について

メガリスやED治療薬は血液の流れを良くしてくれます。
どれぐらい勃起するのかみてみたい、性行為をもっと満足できるものにしたいなど、安易な理由で過剰摂取をしてしまうと重度な副作用の可能性を高めてしまうため、絶対に用法容量を守って使用してください。
特にメガリスは一度使用するだけで最大30時間以上効果が続くので、安易な理由で過剰摂取を行ってはいけません。

グレープフルーツと飲まない

メガリスとグレープフルーツを一緒に飲んではいけません。
グレープフルーツはメガリスの効果を半減してしまう栄養素があり、一緒に飲んでしまうと重度な副作用を発症させる可能性が高くなります。

まとめ

副作用が治らない、重度な副作用が発症した場合は薬の使用をやめて、医療機関で診察を行ってください。
早めに対応することで症状を治療することができます。
ED治療薬だけではなく、薬は使用方法を誤らなければ基本的に副作用を発症させることはありません。
これからED治療をされる方はしっかりと使用方法や用法容量を守りましょう。